イベント情報

イベント開催履歴

定例理事会の開催

日時: 2018年3月30日(金)18:00~20:00
会場: 当センターオフィス(天満橋)

2018年度/2019年度の役員改選を行いました。
設立より代表理事を務めてまいりました森下高治は退任し、新たに三戸秀樹が就任いたします。
また、監事につきましては、現任の石谷真一氏を、理事会として総会にて推薦することといたしました。

また、2018年4月より会員制大学院(賛助会員)として、近畿大学大学院(総合文化研究科)にご参画をいただくこととなりました。
これまでの会員関係皆様のご支援ご協力に感謝申し上げるとともに、引き続きのご指導を賜りたくよろしくお願い申し上げます。

ページトップへ

教職員団体様 研修会

日時: 2018年2月15日(木)14:00~15:30
ご依頼: 香芝市小中学校事務研究会
会場: 香芝市役所 会議室
テーマ: 職場の健康づくり支援事業 教職員のメンタルヘルスとセルフケア
講師: 児玉 龍治(当センター理事、龍谷大学 文学部臨床心理学科 准教授、臨床心理士)

ページトップへ

地方自治体様 管理職研修

日時: 2018年2月1日(木)9:30~11:30/13:30~15:30
ご依頼: 大和郡山市役所
会場: やまと郡山城ホール 会議室
テーマ: 職場のメンタルヘルスとレジリエンス―強みを活かす―
講師: 永田 俊代(当センター理事、シニアフェロー、臨床心理士)

市役所 管理職層の方々を対象に、120分のワークを取り入れた研修を実施させていただきました。管理職の方々より、ラインケアとして、部下の方々への対応について質問をお聴きすることが多々ございます。これまでは「不調の予防・早期回復」という観点が重視されてきたと思いますが、今回は「どのようにして困難を乗り越えるか」またこれまで「どのように乗り越えてきたか、どのような資源(リソース)が自分にはあるのか」について考えていただくことを狙いながら、計画させていただきました。

ページトップへ

地方自治体様 職員研修

日時: 2018年1月25日(木)10:00~11:00
2018年2月1日(木)14:00~15:00
2018年2月15日(木)14:00~15:00
ご依頼: 天理市役所様
会場: 天理市文化ホール
テーマ: ストレスと上手に付き合おう
講師: 堀 典子(当センター相談員、臨床心理士)

ページトップへ

ストレスチェック 事後面談の実施

日時: 2018年1月18日(土)13:30~15:30
ご依頼: 地方自治体様
担当: 枚田 香(当センター理事、臨床心理士)

当センターへご依頼をいただいておりますストレスチェックの実施後、高ストレス者(および準じる方)の方への面談業務を実施させていただきました。本来、高ストレスと判定された方は医師(産業医等)の面談が推奨されていますが、ご希望の数が少ないことから、支援の一つとして臨床心理士による面談実施をご提案しております。

ページトップへ

相談員ミーティング・カンファレンスの開催

日時: 2017年12月22日(金)18:30~20:00
会場: 当センター研修室(天満橋)
スーパーバイザー: 有光 洋一 学術顧問
事例発表: 松尾 哲朗(当センター事務局、臨床心理士)

2018年度の計画経過と、カンファレンスを行いました。
今年度より、総合病院様への相談業務を開始いたしましたが、事例発表者が関わる他組織との違いや、今後の業務の進め方について情報共有・意見交換を行いました。

ページトップへ

定例理事会の開催

日時: 2017年12月9日(土)18:00~19:00
会場: 当センターオフィス(天満橋)

定例理事会を開催しました。公認心理師の資格に関する実習要件などが、主な議題となりました。

ページトップへ

産業保健シリーズ講座2017後期「産業系がわかる“こころ”の専門家養成」

日時: 2017年10月28日(土)~2018年2月10日(土)
14:00~15:30/16:00~17:30

①10月28日(土) 労働へ大きく影響するこの国の条件(三戸 秀樹)
②10月28日(土) 労働態様の変化の進み方(三戸 秀樹)
③11月11日(土) ストレス理論とアセッスメントについて(森下 高治)
④11月11日(土) 今日の産業心理臨床について(森下 高治)
⑤11月25日(土) 産業領域における認知行動療法の有用性(本岡 寛子)
⑥12月9日(土) 労働における事故・災害―産業心理学の関係から―(三戸 秀樹)
⑦12月9日(土) 職場で発生する心の問題―うつ病の捉え方―(永田 俊代)
⑧12月16日(土) 第三次産業労働、オフィス労働の変化(三戸 秀樹)
⑨12月16日(土) 第一次産業の衰退(三戸 秀樹)
⑩1月13日(土) 労働市場・人的資源管理と仕事のストレスの関係―労働経済学からのアプローチ―(山岡 順太郎)
⑪1月13日(土) 職場におけるレジリエンス(永田 俊代)
⑫1月27日(土) パート・アルバイト労働と問題点(三戸 秀樹)
⑬1月27日(土) “家庭の外化”が生んだもの(三戸 秀樹)
⑭2月10日(土) “主人公化”心理をもつ労働者たち(三戸 秀樹)
⑮2月10日(土) 労働態様の変化を根本から崩すもの(三戸 秀樹)

ページトップへ

職員採用試験に係る面接官業務

日時: 2017年10月28日(土)8:30~17:00、29日(日)8:30~13:00
会場: 地方自治体
担当: 当センター特別研究員(臨床心理士)

ページトップへ

教職員団体様 研修会

日時: 2017年10月16日(木)14:00~15:30
ご依頼: 宇陀事務研究会様・宇陀市教育センター様
会場: 宇陀市役所会議室
テーマ: 教職員のメンタルヘルスと児童生徒への関わり
講師: 伊東 秀章 氏(龍谷大学 文学部臨床心理学科 講師、臨床心理士)

事務職員様と学校管理職の方を対象に、研修会を実施させていただきました。

ページトップへ

ストレスチェック説明会
|本年度の新ストレスチェックWebシステムの使い方とセルフケアのコツ

日時: 2017年9月28日(月)10:00~11:30/13:30~15:00
ご依頼: 奈良県下 地方自治体様
担当: 枚田 香(当センター理事、臨床心理士)

ページトップへ

相談員ミーティング・カンファレンスの開催

日時: 2017年9月22日(金) 18:30~20:00
スーパーバイザー: 有光 洋一 学術顧問
事例提供: 堀 典子 相談員(当センター特別研究員、臨床心理士)

相談員(特別研究員)を主対象とした、ミーティングとカンファレンスを開催しました。実習生(大学院・臨床心理士養成課程)も交え、事例について検討を行いました。

ページトップへ

カウンセリング制度 導入に関する説明会

日時: 2017年9月4日(月)17:00~17:30
ご依頼: 岸和田徳洲会病院 様
担当: 松尾 哲朗(当センター事務局、臨床心理士・キャリアコンサルタント)

新たに相談制度を導入いただきました総合病院様へ、主に管理職の方々を対象とした制度説明会を実施させていただきました。メンタルヘルスに関する社会的関心が高まる背景、相談制度の概要(守秘義務、お話をお聴きするだけではなく管理職者との対応などコンサルテーションについて)をご紹介いたしました。医療職(対人援助職)は、特に高ストレス職場と言われており、今後は研修等も含めた取り組みをご提案できればと考えております。

ページトップへ

研修講師の派遣

日時: 2017年8月1日(火)14:00~15:30
対象: 一般企業職員様
会場: 大阪市内
テーマ: 働く人のメンタルヘルス ―ストレスとの付き合い方―
講師: 赤津 玲子 氏(龍谷大学 文学部臨床心理学科 准教授)

ページトップへ

研修講師の派遣

日時: 2017年8月1日(火)13:30~15:00
対象: 教職員関連団体様
会場: 橿原市立大久保コミュニティセンター
テーマ: 教職員のメンタルヘルスとその支援~よきコミュニケーションを通して~
講師: 堀 典子

ページトップへ

セミナーの企画・実施

日時: 2017年7月24日(月)10:00~15:00
対象: 共済組合団体 組合員様
会場: ホテルリガーレ春日野 飛鳥の間
テーマ: ココロとカラダがリンクする~めざせ健康力アップ!元気力アップ!~

午前:元気をとりもどそう!―働くことと“疲れ”、慢性疲労から逃れるために―
講師:近藤 雄二 氏(天理大学 非常勤講師)

午後①:心の健康ミニ講座(カウンセラー紹介)
講師:堀 典子(当センター特別研究員、相談員)

午後②:美味しい!楽しい!気持ちいい!時にかく『汗』について
~汗は、ココロとカラダを変化させる~
講師:高木 祐介 氏(奈良教育大学 教育学部 保健体育講座 運動生理学研究室 准教授)

ページトップへ

臨時面談業務の実施

日時: 2017年7月13日(木)、20日(木)14:30~16:30
内容: 地方自治体職員様に対する、臨時面談業務の実施
担当: 枚田 香(当センター理事、臨床心理士)

ページトップへ

特定非営利活動法人 大学院連合メンタルヘルスセンター
産業保健シリーズ講座 2017前期①②
産業系がわかる“こころ”の専門家養成

日時: 2017年7月8日(土) ①14:00~15:30、②16:00~17:30
講師: 三戸 秀樹
当センター副代表理事、関西福祉科学大学 名誉教授
元(財)労働安全衛生研修所 理事長
会場: 当センター研修室

① 我が国の近代労働への変遷を概観する “働く”という概念の出現、近代の労働時間の変遷などから、今日の過労死や過労自殺の問題について、西洋と東洋の労働文化を比較しながら講義が展開されました。

② 障がい者労働、そしてEAP 現実的には、在職者のメンタルヘルスを支援する機関となっているEAPですが、本来的には障がい者就労への対応など、福祉的な視点が必要であることが解説されました。

ページトップへ

ストレスチェックの説明会の実施

日時: 2017年7月6日(木) 10:00~11:30、13:30~15:00
対象: 地方自治体 職員様
内容: 本年度の新ストレスチェックWebシステムの使い方とセルフケアのコツ
講師: 枚田 香(当センター理事、臨床心理士)

ページトップへ

第9回定例総会・理事会

日時: 2017年6月24日(土)
総会 14:00~14:45
理事会 15:00~16:50
会場: 当センター研修室

ページトップへ

相談員ミーティング

日時: 2017年6月23日(金) 18:30~20:30
会場: 当センター研修室

各組織の相談業務の情報共有と、今年度より新たに採用しましたストレスチェックシステムの概要について、説明を行いました。

ページトップへ

講師の登壇

主催: 日本産業カウンセラー協会 関西支部「月例会」
日時: 2017年4月15日(土) 13:30~16:30
会場: 大阪産業創造会館 イベントホール
講師: 三戸 秀樹(当センター副代表理事)
演題: 労働ストレスの背景に隠れている“主人公化”心理 ―今後の組織側の取組ヒントのために―

ページトップへ

特定非営利活動法人 大学院連合メンタルヘルスセンター
産業保健シリーズ講座2017「産業系がわかる〝こころ″の専門家養成」開講記念セミナー
働く人々のメンタルヘルスを支援する仕事を目指すために
~心理、福祉、安全、キャリア等を学び始める・学び直す方々への提言~

日時: 2017年4月29日(土・祝) 10:00~16:30
会場: 大阪府立男女共同参画・青少年センター(ドーンセンター)4階 大会議室3

当センターでは、7月から「産業保健シリーズ講座2017」を開講することで計画を進めております。この開講に先立ち、記念セミナーを開催いたしました。これまで当センターとしましては、主に「臨床心理士」を主対象とした「臨床心理ワークショップ」を年2回ペースで開催してまいりましたが、今回は「学生の方、初学者の方」を主な受講者層として企画いたしました。

午前の部【基調講演】

労働ストレスの背景に隠れている〝こころ″とは
三戸 秀樹 氏(関西福祉科学大学 名誉教授、当センター副代表理事)
 労働の歴史や人々の思考の変遷から、在職者ストレスの考え方に関する問題提起がなされました。

午後の部【第一線で活躍する専門家からの提言】

①産業分野にかかわる臨床心理士の仕事
岩佐 浩 氏(一般財団法人京都工場保健会 御池保健センター、臨床心理士)
若年者支援、医療機関勤務を経て現在在職者支援を行っていらっしゃる岩佐先生より、日頃の業務内容の紹介や、産業領域の特徴について解説いただきました。

②先輩からのアドバイス~EAP・消防機関・学校支援の経験から~
伊東 秀章 氏(龍谷大学 講師、臨床心理士、僧侶)
大学教員だけでなく、僧侶としての活動も行っていらっしゃる伊東先生より、相談機関での事例概要を紹介いただきました。

午後の部【特別講演】

産業領域で求められる心理職の役割
吉川 悟 氏(龍谷大学 教授、当センター理事)
産業領域の心理職を目指す方、特に現大学院生の方へ向けて、心構えやこの領域の特色について、実践的な観点から言及いただきました。

連休初日にも関わらず、想定を超えたお申し込みをいただき、また近畿圏だけでなく西日本エリアからもお申し込みをいただきました。
今回の企画は、昨年度のストレスチェック制度の義務化をはじめとする在職者のメンタルヘルスへの関心の高まりや、それらに対し実効力のある活動を行うことができる専門家の養成など、この分野の教育のあり方についての議論の中から、シリーズ講座のコンセプトが生まれてくることとなり、記念セミナーを開催するに至りました。当日受講者の方へは先行情報公開をいたしましたが、7月より全17回(調整中)の講座を実施することで計画をいたしております。受講者の皆様からは、ご関心のお声を多数頂戴しており、5月中には詳細が決定できればと考えております。
詳細は、HPにてお知らせして参りますので、チェックをいただければと存じます。

ページトップへ